検索

タイトルについて

ホームページに連載するエッセイのタイトルをぼーっと考えていると、ふと今から20年前のことを思い出した。東京四谷の街をぶらぶら歩いていると、「ぱいんふぃーるど」という看板が目に入った。ドアを開けて店に入ると、カントリーミュージックが流れていた。


カウンターでビールを注文しながら、マスターに「マスターの名字は松野さんでしょ?」と聞くと、マスターは「何で知ってんの?」と驚き、「看板がぱいんふぃーるどだったから・・僕も松野なんです」と僕が答えた。PINEは松・FIELDは野だから、店にこんな名前をつけるのは、松野さん以外にないと考えたからだ。それから、飲みながらマスターの家が松野という名字を名乗った全国で初代の家であり、源氏の流れをくむ一族だと聞いた。(僕の家は、千葉県の漁師と船大工の家で、名族の松野家とは全く関係がありません)店でちょうどハンク・ウィリアムスの“I saw the light”が流れていた。


ハンク・ウィリアムスはカントリーミュージックの大御所で、カーペンターズがカバーした”ジャンバラヤ“もハンク・ウィリアムスが原曲だ。カントリーミュージックというと、若い人はオヤジが好きなジャンルというイメージかもしれないが、今でもアメリカのヒットチャートの上位にはカントリーミュージックが並んでいるし、ウエストコーストロックやサザンロックのベースもカントリーミュージックだ。


マスターの松野さんは日本のカントリーミュージックの創成期からのメンバーの一人で、ジミー時田さんやカントリーミュージシャンだった頃のいかりや長介さんの話や日本のカントリー史に詳しく、それからもう20年たった今も、たまに店に顔を出している。もうひとつ、ぼーっと思い出したことは、当時シカゴから英語教師としてやってきていた飲み仲間のボブが、「“Field of  Dreams“を見て感動して泣いた」という話を肴に盛り上がったことだった。

ベースボールはアメリカの国技でアメリカ国民の琴線に触れる特別なスポーツなのかなあ、と思ったが、日本人が「土俵の鬼 若乃花物語」を見て、感動するかどうか・・・。

この二つの出来事から、エッセイのタイトルを考えた。この話には特にオチはありません。 単なるくだらないダジャレのタイトルです。

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

お陰様で両親、兄弟が元気(両親は相当弱っているが)なので、本当に身近な人の死に立ち会ったことがない。両祖父母はかなり前に亡くなったが、生活をともにしなかったので悲しいけれども喪失感はなかった。しかしながら前にも書いたが、職業柄お坊さんよりも葬儀に出るので「人は死んでいくものだ」というリアリティは強い。 昨年はコンピューターメーカーで画期的な製品を多く生み出した企業であるアップルの創業者のスティーブ

「料亭に行きたい」、初当選直後のインタビューで答え、話題となった新人議員がいた(今はいない)。カツラメーカーのコマーシャルは政治家をモチーフにしているが、やはり料亭の一室での密談のシーンだ。映画やテレビドラマの影響で、「政治家が飲むところ=料亭」というのがお決まりとなっている。しかし、実際のところ「料亭に行ったことがありますか」と聞かれれば、「ある。でも、ほとんど無い」という答えになる。理由は三つ